【TOEIC900点突破!にむけて】 00日:現状確認&使う教材

 

① TOEICの模試を購入、模擬試験を解く。

「今の自分がどれだけ出来ないのか」ということを知るために模擬試験をまるまる1回分解いてみる。

現在の実力を知らなくて戦略は立てられない。

TOEICテスト究極の模試600問
TOEICテスト究極の模試600問

 

 

 

② やるべきことの把握。

TOEICに必要な英語力は以下の4つ。

  • 単語力
  • 文法力
  • リーディング力
  • リスニング力

 

まず、単語力・・・

単語力は全ての基本となる。単語がわからにと全てにおいて不利になることは明らかだろう。

しかし、今までの自分の単語力は、文脈で推測してわかる、そんな曖昧なものなので重点的にやりたい。

 

今回、使う単語帳はこちら↓

新TOEICテスト 一発で正解がわかる英単語―860点・990点
新TOEICテスト 一発で正解がわかる英単語―860点・990点

この一冊に決めたので浮気はしない。簿記の勉強でもそうだったが、繰り返し勉強することが一番重要のように思う。

ちなみに、

必要な単語数=(900-あなたの点数)x5

必要なイディオム数=(900-あなたの点数)/2

上の方式が必要な単語数とイディオム数の目安とされている。

自分の場合、800点と考えて覚える単語数を500、イディオム数を50を憶えようと思っている。

基礎を重点的にやる。これが、試験・資格勉強の王道のように思う。

 

 

次に、文法力・・・

新TOEIC TEST英文法スピードマスター
新TOEIC TEST英文法スピードマスター

この一冊をしっかり解いていきたいと思う。

この本はページ数がおよそ200弱なので、一日7,8ページほどをやっていく。

 

 

3つ目は、リーディング力・・・

リーディングは単語力、文法力の両方が必要になる総合戦になる。いきなり、取り組んでもいいのかもしれないが、

単語、文法の知識がない前半は後回しにしようと思う。単語、文法を重点的にやってからのほうが実力が伸びたことを実感できるだろう。

リーディングでは、特別な問題集は使わない。最初に使った模試をやりこむのみ!

 

 

最後は、リスニング力・・・

もっとも難易度が高いのは、おそらくリスニング力だろう。

リスニング力を向上させるには、この方法が一番だろう。ネイティブの英語を聴いて、真似するシャドイングという方法だ。

実は、この方法は普段の英語勉強にも使っている方法で、所属しているゼミの先生がおススメしている方法でもある。

 

おそらく、問題になるのはどのレベルのリスニング教材を聴くのか?ということ。

おススメできるのは、podcastのCNN Student News。

他にも、同じくpodcastのSpecial English Radio: 30 Minutes of News and Featureなども^^

podcastがかなり便利になったので、探せば自分のレベルに似合うものが見つかるはず。

そして、後半になったら、

リスニングの問題を使ってのトレーニングもはじめる。リーディング同様、模試を使えば十分だろう。

 

 

 

③ スケジュールの設定

最後にやるのは、学習スケジュールをつくること。単語、文法をいつまで(When?)にどれだけ(How much?)すすめていく必要があるのか、

一目で分かるように書いていく。ただ、このスケジュールは目安程度で全然大丈夫だ。若干の休憩もいれながら、これ以上遅れたら致命的になる、

そういうスケジュールを組む必要がある。ただ、表面的にやっていても実力はつかない。

決めた量を一つ一つ完璧にマスターしていけば、TOEIC900点突破!も全然夢ではない気がしてきました^^

 

 

今日は、ここまでやればいいかな^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。