メクリッコ勉強法、試したい!! 『ふつうのOLだった私が2年で弁護士になれた 夢がかなう勉強法』篠田恵里香

DSCF8236

ひさしぶりに勉強本を読みたくなり手にとった本です。王道的な方法がならんでいて、すごく読みやすい本でした。

[toc]

 

で、どんな本?? 内容紹介(amazonより)

受験勉強のコツは、とってもシンプル。コツさえつかめば、どんな難関試験も絶対に合格できます。本書で紹介する「79のルール」を使って、さっそく今日から夢をかなえる一歩を踏み出しましょう。

 

とりあえず真っ当で王道な、一度でも勉強法と名のつく書籍を読んだ経験があれば読んだことあるネタは多いです…。下記で取り上げる以外にも、「速読の方法」「もくじ勉強法」などがあり、僕自身は別の書籍で読んだことがあったので今回は取り上げません。

 

ちなみに、 もくじ勉強法を最初に僕が読んだのは、松澤大之さんの捨てる技術で能率アップ リングノートでムダな勉強をやめなさい 階層構造化で難関試験もらくらく突破! という本だったように思います。

この本は少し古いですが自分用にまとめておくためにも、記事にしたいと思っています。

 

 

そんなよくあるネタ満載になりがちな勉強法の本。

差別化できる肝は残りの2,3割だと思います。

その中で個人的に試してみたい!と思った勉強法が2つありました。

それは、最終兵器「メクリッコ勉強法」「時間が見えてくる付箋勉強法」

 

 

では、参考になった勉強術2つをご紹介!

最終兵器「メクリッコ勉強法」

 実際に何もつけずに「六法」や「参考書」「問題集」のぺージをめくってみてください。2枚一緒にめくってしまったり、手がすべったりしてめくりそびれることがよくあります。
私の感覚だと、六法全書で条文を探したり、参考書の該当箇所を探すのに、メクリッコがあるとないとでは、およそ2倍スピードが違うと思います。問題を解くときの問題集のページめくりも、断然スピードに差が出ます。
勉強のすべての過程における「紙をめくる速さ」は、速ければ速いほど有利です。めくっている時間を節約できることのほか、めくっている間に「何が書いてあるか。結論はどうだったか」を考える時間が少なくなるので、思考スピードが速くなります。
勉強や問題解答の効率・スピードが確実にアップし、頭の回転も倍になっていくのです。

(P141より部分引用)

 

時間が見えてくる「付箋勉強法」

 これは、「付箋に、時間と目標を1時間半単位(10分ごと)に書き出し、勉強の成果も10分ごとに記載する。」というもの。
問題を解きつつ達成していくと効率的な勉強ができ、細切れの達成感も味わえます。その付箋は、ノートに貼って残しておきましょう。
成長が見えますし、さらには、どの時間帯に自分の勉強の速度が落ちるかなんてことも見えてきます。

(P137 より 引用)

 

 

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!!(ここがポイント≡)

今回のココ↓掘れ、ざっくざくは、

  • メクリッコ勉強法は純粋に試してみたい!!

  • やはり勉強本には王道があるので、どこにオリジナリティがあるのかが気になる!!

  でした。

 

冒頭でも書いたように、かなり純粋な勉強本という感じで読みやすかったです。

税理士試験の勉強の際にも会計法規集や財務会計講義を読むことが必要になるので、活かせそうなこと、参考になることも多かったです。

 

ちなみに、メクリッコを試しに買ってみたので、実際につけて勉強してみたいと思います。

 

ふつうのOLだった私が2年で弁護士になれた 夢がかなう勉強法
ふつうのOLだった私が2年で弁護士になれた 夢がかなう勉強法

 

簡単目次:

  • STEP1 いざ勉強を始める前に
  • STEP2 合格までのマップを書こう
  • STEP3 勉強は環境づくりから始まる
  • STEP4 毎日の勉強は効率重視で進める
  • STEP5 さらにスピードアップの勉強法
  • STEP6 日々の生活で気をつけたい ちょっとしたこと
  • STEP7 試験直前から合格発表まで これだけはやっておこう

 

from  GENKI (@genkiszk)