『3年以内に成功する男、消える男』 僕の3年後は24か…。

この本 『3年以内に成功する男、消える男』 をパラパラとめくっていて思ったのは、予想外!!

合コンは“軽い”という印象を僕は持っていて、てっきり帯に写っている著者の松尾知枝さんが3000人以上と合コンして体験した㊙経験談満載、消えた男の悲壮感たっぷりみたいな内容。

それかテクニックだけのハウツー本なのかと誤解していました。(松尾さん、ごめんなさい><)

[toc]

そんな暇つぶし感覚で買ったこの本は、なんでもない“普通の人”を後押ししてくれるような本でした。

一気におススメ本に昇格です(笑)

 

 

で、どんな本?? (amazon:内容紹介)

 「成功する男性」と「消える男性」の違いは、いったいどこにあるのか?

合コンという現場は、お酒が入ることに加えて、女性の前というのもあって、つい気を許して本音をポロッと吐き出したり、その人が本来持っている性格や行動がそのまま出やすい環境。

松尾さんは、3000人以上に及ぶ「合コン」という名の“実験”現場を通して導き出したデータを基に、合コンでふるまう男性の特徴、法則を細かく分析・体系化することで、“成功見込み”男に共通した「思考法」や「実践法」「習慣術」がまとまっています。

 

 

 

3年以内に成功する男、消える男』から、3つをピックアップ!!

習慣01. 女性の前であえて「大ボラ」を吹く

見栄を張って、やらざるを得ない環境に身を置いたとき、あなたの奥底に眠っていたエンジンがフル回転する-。(P20)

退路を断つことで、自分でリスクを作ってしまう。ただ、それはプライドのリスクでまだしてない失敗を憂うものではない!!

 

習慣03. 無邪気なオタク気質を持っている

「成功するオタク気質」 = 「継続力」 × 「体系化、言語化のスキル」 (P32)

単なるオタクはもったいない。周りに無邪気でピュアに語るためには、伝えることが不可欠。

 

習慣12. 相手の未来にレッテルを貼る

この二人の男性に共通しているのは、「今はまだ現実になっていない人の未来に、勝手にレッテルを貼りつけている」という点です。(P109)

眠っている未知の可能性を嗅ぎ取れる洞察力も必要。相手を想った身近な言葉は、自分に返ってくる^^

 

 

 

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!!(ここがポイント≡)

 今回のココ↓掘れ、ざっくざくは、

  • 夢中になれるオタク要素を持っていて良かった^^!! 成功するオタクにむけて言語化を意識。

  • お金は自分の経験と心の欲望のためには惜しまない!!

 でした。

 

合コンのこと満載ということを目論んで購入したので、期待通りのこともありました。

松尾さんの正直な感想も随所に入っていて、机上の空論ではない経験に基づいた面白さがあります。

 

自分に正直にやりたいことをやるために、以前人生でやりたい100のリストを作成しましたが、

その36番目は、ずばり「もてた~い!!」にしてました。

まずは、行動を起こす!!! 恋愛は、ほとんど手つかずだったので…。

合コンも侮らないで積極的に参加してみようかなぁと思っています♪

(松尾さんに是非一度診断お願いしたいです(笑))

そして、数年後に「どやっ?」と得意満面の笑みを浮かべて向き合いたいです^^

 

from  GENKI (@genkiszk)