パソコン用メガネ、度付きの『JINS PC』を買ってみた^^

 

「パソコン用メガネ?? 何だ、それ!?」

と興味津々で眼鏡屋さんJINSに向かったのは、JINS PCが出た去年のコト。

ただ、去年発売したものは度がついてないものだったので、

購入はしたのですが、結局は断捨離の対象に…。

 

「度付きだったら、かなり良かったのになぁ…。」

 

そんな声がJINSに集まり、開発に成功したのでしょう!

そのJINS PCに度が付けられるようになったこと、ということを店舗で知り、

発売から少し過ぎましたが購入することにしました。

(オーダーメイド扱いになるので、届くまでに2週間程度かかります><)

 

 

『JINS PC』とは…??

度付きのレビューをする前に、簡単にJINS PCのおさらいです。

目の疲れの原因になるブルーライト(ディスプレイから発生)を、

45%もカットできるというスグレモノで、値段もお手頃なPCメガネです。

 

しかも、オーダーメイドでちゃんと対応してくれるので、フレームの選択の幅ががっつり広がってました^^

良さげなフレーム+3,990円で度入りのブルーライトカットレンズが付けられるようになったというわけです。

 

実際の商品がこれ↓

 

 

使ってみた感想は…

この記事を書いてる間もこのメガネを使っていたのですが、「これ、いい!!」という感じです。

パソコンを使っていると感じる、あの青白いギラギラ感そういう違和感みたいなのが軽減されている感じです。

メガネをずらして肉眼で見ると、「ま、眩しい!!!」という今までは感じなかった驚きがありました。

 

ただ、自分的にはほとんど気にならないのですが、傍目から見ると黄色がかった色眼鏡をしているようにも見えます。

僕の場合、使うのはPCに向かってる時か、勉強の時のどっちかだろうと推測して、ブラウンレンズにしました。

また、近距離用なので度数を落として作ってもらえた、という事も、画面作業の楽さに関係しているかもしれません。

 

まだ使ってみて半日も経ってないですし、あくまで個人的な感想ですが、買ってよかったと思っています。

かなり使い倒すことになりそうです^^

 

 

最後にですが、

サングラスとしての使用は、無理みたいです。残念ながら…w