【税理士試験、計算用に使うボールペン探し】 ~PILOTカヴァリエとユニボール シグノのレフィルを合わせて~

[toc]

大量の解答を時間内に効率よく書いていく。それが税理士試験です。

 

しかも、デジタル機器を使った入力は許されていないので、使えるのはペンのみです。

「弘法筆を選ばず」として他に言い訳を求めないで頑固に百円ペンを使い続けるのも一つ。

「あんたは時間内にそんな字数を書くことなんてなかっただろ!」と、弘法に説教して自分が使いやすいのを選ぶのもありだと思ってます。

たかがペン、されどペンですからね。

 

手が痛くなる、解答が全然終わらない。そんな時は、使っているペンの見直しもありかと思います。

 

 

では、使ってみようと考えているボールペンの紹介をします。

パイロットのカヴァリエというボールペンです。

そして、中身はユニボール シグノです。

 

タイトルにもあるように計算に使おうと思っているペンなので、小さく細い字を書けるというのがポイントです。

 

好きな書き味のインク性質だったのが、滑らかな書き味のユニボール シグノの0.38です。

元々、ユニボール シグノのノック式を使おうかな、と考えていたのですが、

「どうも細かい字を書いていくには太すぎて、軽すぎるんだよなぁ」というわがままを思ってました。

そこで見つけたのが、写真の外軸、パイロットのカヴァリエというボールペンです。

ユニボール シグノ ノック式の軸径11.8mm、重量10gに対し、

カヴァリエは軸径8.9mm、重量17gという持ってみても、いい感じだったわけです。

 

ただ、お気づきかもしれませんが、メーカーが違います…。

 

果たして互換性があるのか???

無かった…。なので、切ってみた!

 

 

完成!!!

紹介してみたものの、こればっかりはお好みで!ですね。力をあまりかけずに、スムーズに早く字が書ければいいですね。

今回、試しにつかってみるのは思いっきり細いボールペンですが、太めのボールペンも試そうと思っています。

ありとあらゆるボールペンを試すのが投資になるかもしれません。また、工夫も必要だと思うので、試行錯誤していく予定です。

 

最後にですが、私は字を書くのがけっこう遅めだと自覚しています。

読める程度の字を維持しながら素早く書いたり、姿勢を良くするような他のコツも試そうと思っています。

 

 

これから、訓練の毎日です!!