税理士試験の時間管理はこいつにお任せ!! TANITAの長時間タイマー

 

試験勉強の日々の問題演習を行うときに、用意すべきものの一つにタイマーがあります。限定された時間の中闘いを制するためには、日頃から時間の感覚を大切にすべきなのだと思います。

 

僕が行っている専門学校の周りを見渡してみると、iphoneで時間を測っている人、スポーツに使うストップウォッチを持っている人、腕時計で測ってる人など様々です。

 

記事の内容をざっくり紹介!

  1. 僕がタイマーに求めたものは…?
  2. TANITAの時計付長時間タイマーです!
  3. 良かったと思ったこと!!
  4. まとめ:

 

僕がタイマーに求めたものは…?

  1. 座っている時の目の角度で動かさずに見ることができるもの
  2. なるべくコンパクトで、邪魔にならないもの
  3. 99分以上測れるもの

キーワードは、「立てれる」「小さい」「長時間」です。見つけたのが、これ!!

 

TANITAの時計付長時間タイマーです!

上げた条件を満たしてくれました^^

 

 

良かったと思ったこと!!

  • 机に立てておけ、時間も見やすい。机の端に置いておけば、邪魔にもならない。
  • コンマ表記がない。
  • 99分が最大で測れるものが多い中、99時間99分まで測れる。

 

ただ、使ってみて気付いた点もありまして、僕のだけかもと断っておきますが、スタート・ストップボタンの反応があまり良くないです。

確認テストを解く際、確認しないでボタンを押したら、時間が測れてなかったということが多々ありました。

 

ただ、これは1秒しっかりとタイマーを見るだけで解決できるので、ルーティーンの一つにしておけば問題なさそうです。他には、時計機能もついているからなのか、画面がひたすらついている状態です。電池は持っているようなので、これもそこまで問題には思っていませんが…。

 

 

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!!

今回のココ↓掘れ、ざっくざく!!は、

  • 集中できる環境を整えるため、簡単につぶせることならつぶしておく。

 です。

 

タイマーなんて使えればいい!という意見もあるかもしれません。でも、勉強の時のタイマーとしてかなりおススメできます^^

 

from  GENKI (@genkiszk)