「すイエんサー」で紹介された、インクが出ないボールペンの復活方法

suien-eインクが出なくなったボールペンをもう一度使えるようにしたい!

そんな願いの解決策が本日放送されたNHK教育テレビ「すイエんサー」で紹介されました。「インクが出なくなったボールペン」の復活方法とポイントについて紹介したいと思います。

目次へ

記事の内容をざっくり紹介!

  1. ボールペンの先が乾いてしまった場合
  2. ボールペンの芯の中に空気が入ってしまった場合
  3. まとめ: 上向き筆記は書けなくなる大きな原因、やらないことが大切!

ボールペンの先が乾いてしまった場合

DSCF9702DSCF9704ボールペンの先が乾くと、フタをしたような状態になってしまいます。

番組で紹介されていた方法は、ドライヤーを使って温める方法です。その具体的な方法は、ドライヤーとペンを15cmほど離したのち、40秒間温風を送ります。これは、インク自体が硬くなってしまっていても有効です。ちなみに、未使用であってもインクは経年劣化していきます。製造後約3年間が快適に書ける目安であり、製造年月は芯本体に書いてあるものもあります。

目次にもどる

 

ボールペンの芯の中に空気が入ってしまった場合

DSCF9703空気が入る原因には、ペン先を水平より上にして書く「上向き筆記」を無意識にしていることがあります。

「上向き筆記なんてしないよ。」そのように思っていても、ボールペンが水平(真横に寝かせた)状態から少しでもペン先が上を向いた状態で書けば、それは上向き筆記です。番組で取り上げられていた例としては、壁面に掛けられたカレンダーや冷蔵庫に貼ったメモなどに書く場合でした。

この他にも、車の中でメモをとったりする場合や、ソファに横になってメモをするなど、意識してない内に上向き筆記の可能性があります。

空気が入って使えないボールペンを直す番組で紹介された2つの方法。

  1. 自転車の車輪にボールペンをしっかりと固定(ペン先が外側)し、ペダルを回す。
  2. 輪ゴムをボールペンの中心部にテープで貼りつけてぐるぐる回す。

2番目の方法は、昔、伊東家の食卓でも紹介されていました。

目次にもどる

 

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!!

今回のココ↓掘れ、ざっくざく!!は、

上向き筆記は書けなくなる大きな原因、やらないことが大切!

です。

 

「インクが出ない」に興味を持ち、この番組「すイエんサー」を見てました。

普段使っていて起きる「あれ?」という疑問だったので、見ていて納得しましたが、あんな方法はなかなかとれないですw 自分だったら、大人しく替え芯を買いますねww ちなみに、インクが残っているのに書けない候補として「ペン先の損傷」もあります。落下等によりペン先に付いているボールに傷が入ってしまったら、芯を変えるしかないので、ボールペンも大切に。

最後にですが、文房具を詳しく調べるまで、上向き筆記がペンにはダメということを知りませんでした。知った今となっては、普通の油性ボールペンで上向き筆記をしないように心がけているため、インクが残っているのに書けないという経験が減りました。ちなみに、ボールペンの場合には芯を変えてあげることで復活するので、愛用のボールペンを長く使うことが出来ます。