CATEGORY 万年筆・インク

万年筆とインクのブログへようこそ。
「万年筆は憧れるけど遠い存在…。そう思ってませんか?」
実際、私の場合も「万年筆のことを誰に聞けば? どんな万年筆がいい? どうやって? いつ使えば??」など分からないことだらけでした。しかし、良い万年筆に出逢い使っていく中で、万年筆の魅力にどっぷりとハマりました。
当サイトでは、万年筆の魅力をお届けしつつ、初心者の方への選び方アドバイスや、万年筆を使っていて湧き出た疑問・調べたこと。そして、万年筆やインクのレビューなどを書き記してあります。「万年筆」を楽しむ道標として是非参考にしてください!

「インキ染め・拭き漆」が施された スティロアート製の万年筆。美しき玉杢+煌めく色艶≡

木軸をインクで染め、拭き漆を施したスティロアート製の万年筆を紹介・レビュー。インクの色+漆のツヤによって、木の立体感ある美しさが強調されます。色もツボ、タモ玉杢の表情も好み。キャップとボディの木目がピッタリ揃うコトにも感激。我が物にしたくなりました。ちなみに、ペン先は ウェーバリー・WAを選択。ついつい手に取る欠かせない一本になりました。

パーカーのフラッグシップクラスの万年筆・デュオフォールド ビッグレッド。クラシカルで高貴な往年の名作≡

パーカーの万年筆・デュオフォールド を紹介・レビュー。ビッグレッド(赤みがかったオレンジ)の復刻版は数ある中で、1990年代につくられたモデル(サイズはインターナショナル)を入手。パーカー伝統の色使い(オレンジ、ブラック、ゴールドトリム)は格調高く格好良い。

カキモリ併設のオリジナルインクが作れるインクスタンド「inkstand by kakimori」のベースインクが顔料インクになってリニューアル≡

蔵前の文具店「カキモリ」隣にあるインクスタンドがリニューアルしました。目玉は、新たなベースインクが 日本の絵具メーカー・ターナー色彩株式会社と共同開発したという万年筆用の顔料インクという点。耐水性・耐光性もバッチリなのも嬉しいところ。自分好みの顔料インクを是非つくってみてください。

中屋の万年筆をオーダーメイド。まろやかなフォルムを覆い、しっとり馴染む「漆溜塗」の質感≡

中屋万年筆(NAKAYA)の万年筆を紹介・レビュー。軸はピッコロのロングサイズ、漆溜塗の洗い朱を選択。漆のしっとりとした優しい感触が気持ちよくて、ネジ付近でエボナイトが透けた様がとても格好良い。また、イベントでの購入のため、対面でペン先調整をしてもらっているので全てに於いて非の打ち所がない。