万年筆のペン先職人・長原幸夫氏のWebサイト「THE NIB SHAPER」がオープン

某文具メーカーの万年筆工場で、ペン先職人として活躍した長原幸夫氏が フリーとして活動。

万年筆の各メーカーや販売店・団体が開催する『ペンクリニック』では、メーカーの技師・ペンドクターと呼ばれる専門家が、万年筆の調整を行なってくれます。ただ、不定期に開催されているため、急ぎの場合や 近くでペンクリニックの開催がない場合には 頼りになる「駆け込み所」を知っていると安心です。

目次へ

記事の内容をざっくり紹介!

  1. The Nib Shaper 〜万年筆ペン先職人・長原幸夫〜
  2. 実際に調整をしてもらった例
    1. アウロラのMニブを イタリック調に。
    2. セーラー万年筆のFニブを まんねん調(NDE)に。
  3. まとめ: ペンドクター・長原幸夫氏の妙技、味わいやすくなるよ!!

The Nib Shaper 〜万年筆ペン先職人・長原幸夫〜

Nib Shaper

万年筆の楽しさを一人でも多くの方に知っていただきたい。

どこへ持っていっても自分の思うような書き味にならない。そういう人たちに手を差し伸べたい。

The Nib Shaper 〜万年筆ペン先職人・長原幸夫〜

「ペンクリニック」サービスの内容・料金は??

サービス内容料金
基本サービスメンテナンス (字幅を変えないもの)
引っ掛かり、スキップ、インクフローの調整
¥3,000
オプションカスタムA = 字幅の1サイズダウン
2サイズ以上のサイズダウンは +1サイズごとに追加料金¥1,000
+ ¥4,000
カスタムB = 形状変更 
スタブ、イタリック、アラビック、NK、NDEへの変更
+ ¥5,000
カスタムC = スペシャル! 
NP、SPFへの変更
+ ¥6,000〜
カスタムA+BorC 
大きな曲がり直しなど 
別途お見積り

目次にもどる

実際に調整してもらった例

1. アウロラのMニブを イタリック調に。

縦線が太く、横線が細く書けるイタリック・スタブ系統の筆跡を好んでいたものの、元々カリグラフィー・ミュージックニブとして売られているモノは メッセージカード等に 大きな文字を書くことが用途なので、小さな文字を書く通常筆記には あまり適さず。

そこで ノート等への筆記に丁度良い字幅のイタリックが欲しくなり、その研出しを依頼。

ベースとなるペン先は 中字(M)。丸みのあった形状から、平たい形状に変更。希望していた通り、小さめな文字を書くことができ、尚且つ、縦と横に差のある明朝体風の筆記線が書ける万年筆になりました。

2. セーラー万年筆のFニブを まんねん調(NDE)に。

1本で細くも太くも書ける変幻自在のユーティリティープレイヤー・ふでDEまんねん(NDE)。

文字に面白いぐらい変化がつくので常用しており、ニブの整形を依頼することにしました。

ただ、今回は普通の細字(F)から整形してもらうにあたり、長刀ふでDEまんねんが 穂先が長く、先端にかけて絶妙な曲線という特徴に対し、整形ふでDEまんねんの反り部分は 先端にかけて直線。

この効果は 寝かせて持った時の接地面が広いコト。形状こそ、機械で先端を曲げている廉価品と同様ですが、長原幸夫先生の手にかかれば、雲泥の差。超絶・なめらかな書き心地になりました。

目次にもどる

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!!

今回のココ↓掘れ、ざっくざく!!は、

ペンドクター・長原幸夫氏の妙技、味わいやすくなるよ!!

です。

一般的なペンクリニックでは 製品のアフターサービス+時間の制約上、整備 (Adjustment)という範疇に留まります。(主に、ペン先の食い違いや寄り加減を直す。ペン先とペン芯を適正な状態に合わせる。インクフローの改善などなど)

一方、長原先生のペン先調整の場合、各人に向けた誂え (Personalization)、そして、研出し (Shaping)にも対応が可能です。(ペン先を角度・ひねり・筆圧等の書き方に合わせる。形状変更・字幅変更・整形)

自分に最適化されたペン先は 満足度が高く、一度でも自分に合った調整を施してもらうと、その書き味の虜になるほど 劇的に変わります。後からでも なんとかなるのが 書き味(+字幅)。どうにもならないのが見た目。

気に入った万年筆を手にして、ペン先を調整してもらう。これが 理想の万年筆への近道だとおもいます。