CATEGORY シャープペンシル・鉛筆

機能性・性能に優れた最新・人気のシャープペンシル、鉛筆の魅力をお届けするブログ。
使いやすいオススメの鉛筆削りやキャップ、シャープペンシル、芯ホルダーなどの愉しみ方も網羅。

つくしえんぴつキャップ(つくし文具店)は 1本の針金で形成した鉛筆キャップ。 斬新な佇まいだから 身に着けたい!≡

つくし文具店のつくしえんぴつキャップを紹介。1本のワイヤーを螺旋状に巻き上げ、また曲げるコトによって形作られた斬新なルックスの鉛筆キャップ。佇まいの美しさも勿論ですが、キャップの機能(芯の保護、軸のフィット感、クリップ)も申し分なし!

クロスのボールペン(クラシックセンチュリー)をスイッチ・イットでシャープペンシルにチェンジ≡

ペンシルコンバーター「スイッチ・イット」のレビュー・紹介。リフィル(替え芯)を交換するように、手軽にクロス製ボールペンをシャープペンに変更可能。繰り出し機構で芯が出る様子も面白いです。スイッチイットでシャーペン化したクラシックセンチュリー、ガタつかない良いシャープペンシルです。

くるくる・カールくんは ハンドルが付いた小型のえんぴつ削り。クルクルとハンドルを回すだけで 削れるから楽チン!≡

くるくるカールくん(カール事務器)という小型の鉛筆けずりを紹介・レビュー。くるくる・カールくんの特徴はハンドルです。ハンドルをクルクルと回すだけで楽に削れるので 子どもにとってもオススメ。 かるい・はやい・きもちいい「くるくるカールくん」の機構、シンプルですが画期的です!

ぺんてるのケリーこと万年CIL。レトロフォルムのキャップ式シャープペンシルはカチッと小切れ良い音を響かせつつ変形する!≡

ぺんてるのケリー(万年CIL・KERRY)というキャップ式シャープペンシルを紹介。シャープペンとしてブレのない筆記機能、携帯性の良さ(ショートサイズ)、そして、高級感あるフォルム等、徹底的に追及されたロングセラーの名品。オススメポイント多数のシャープペン・ケリーに惚れました。

つなぐえんぴつ削り・中島重久堂のTSUNAGO。 短くなった鉛筆を繋いで継ぎ足すと、使える鉛筆に生まれ変わるのがなんだか嬉しい!≡

つなげる鉛筆削り・TSUNAGO(中島重久堂)の紹介。2つの短い鉛筆に凹凸を成形し、鉛筆同士をつなぐ画期的な鉛筆削り器・道具です。ゴリゴリと作業をして、丁寧に手間を踏むことで紡がれる鉛筆。しっかり繋がった姿は見るだけで嬉しく、鉛筆一本を大事に使うことを改めて考えさせられました。

グラフペンシルPG5(ぺんてる)は十年来使い続けている製図用シャープペンシル。軸の全体バランスが手にしっくり!≡

ぺんてるのグラフペンシルPG5を紹介。学生時代にガッツリ使い込んだ製図用シャーペン・シャープペンシル。手指にスッと決まる感じ・バランスのとれた軽さ・扱いやすさ・疲れにくいなど、グラフペンシルにはお気に入りオススメポイントが多数。書き心地が良くて使いやすいシャープ芯を探し中。

クツワの鉛筆の蛍光マーカー。付属のキャップは削り器機能も兼ねて持ち運びにもグッド!≡

鉛筆の蛍光マーカー(クツワ)を紹介。ネオンカラー(蛍光色)が鮮やかな色鉛筆。滲まない、裏写りがしない、スラスラと自由度が高い鉛筆形状のメリットに合わせて、鉛筆削り器付きのキャップがセットになっており、キャップ込みでペンケースに入る大きさで作られているのも高評価オススメポイント。

DUXのシャープナーは真鍮製の鉛筆削り。鈍く輝く重厚な佇まいは工具が如く!≡

DUXの鉛筆削り・シャープナーを紹介! 素材感がある渋い金色。真鍮製のずしっとした重みの小型鉛筆削りと専用の黒革ケース。大人が好む期待を裏切らない組み合わせです。鉛筆を削りたくなる名鉛筆削り(シャープナー)。ダイヤルをカチカチと動かして、芯の長さを変えるギミックも好み。

懐かしの文具・ロケット鉛筆は100円ショップで今も買える! 削らずに鉛筆感を楽しめて、意外と合理的?≡

ロケットペンシルってなんだか懐かしい。普通の鉛筆に似た大人のロケット鉛筆を100円ショップで見つけ、思わず使ってみたくなりました。ロケット鉛筆は「鉛筆のような書き心地を削ることなく、何度も使える意外と合理的な筆記具」。マークシートや数独のお供にロケット鉛筆はいかがでしょうか。