くるくる・カールくんは ハンドルが付いた小型のえんぴつ削り。クルクルとハンドルを回すだけで 削れるから楽チン

kurukuru回すのは 鉛筆ではなくハンドル! クルクルと回すだけだから、かるい・はやい・きもちいい!

小型の鉛筆削りの場合、なるべく形状をコンパクトにするため、鉛筆を手で回転させながら削るモノが殆どです。ただし、従来の「鉛筆をゴリゴリとまわす」削り方は結構面倒なものでした。

しかし、今回紹介する えんぴつ削り「くるくる・カールくん」(カール事務器)では、小型器にもかかわらず ハンドルを搭載しています。卓上に据え置きする大型鉛筆削器の「ハンドル手回し方式」のエッセンスを抜き出したような「くるくるカールくん」の機構、これは画期的です!

記事の内容をざっくり紹介!

  1. ハンドルをまわす削り方 × 小型鉛筆削器 = くるくる・カールくん
  2. まとめ: 小型鉛筆削りにハンドルを装着した「くるくる・カールくん」。ハンドル回しタイプは圧倒的に楽!

ハンドルをまわす削り方 × 小型鉛筆削器 = くるくる・カールくん

DSCF2697DSCF2690DSCF2693DSCF2694DSCF2689卓上・手動鉛筆削り器を使っているかのような「軽快さ」でサクサクと削れる!

一般的な手持ちの小型鉛筆削りのように 削り穴に鉛筆を挿す。そして、くるくるカールくんが異なるのは次の手順です。鉛筆の根元をしっかりと握り、ハンドルを時計回りにくるくる回す。
鉛筆をまわす削り方と比べ、その差は歴然。たしかに「かるい・はやい・きもちいい」です。

目次にもどる

 

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!!

今回のココ↓掘れ、ざっくざく!!は、

小型鉛筆削りにハンドルを装着した「くるくる・カールくん」。ハンドル回しタイプは圧倒的に楽!

です。

 

子どもの小さな手でも やさしく使える鉛筆削り「くるくる・カールくん」。

男の子のキャラクター「カールくん」とネコの「タマ」のパッケージが可愛らしい「くるくる・カールくん」。日本製の刃、蓋付きなので細かな削りカスがこぼれない等の特徴で 脇を固めつつも、注目ポイントは「くるくる回るハンドル構造」です。

そういえば、ペンケースに入るほどコンパクト(W19 x L55 x H56mm)とありますが、ちょっと凸凹してる形なので、ホントに邪魔にならないのか?そのあたりはどうなんだろう?というのは ちょっとした疑問です。

ただ、小型鉛筆削りでは昨今ソニックのラチェッタやクツワの2枚刃鉛筆削りが登場し、それらは厚みのある形なので なんとかなっているのかなぁ??と推測しています。