ペリカンの万年筆・スーベレーン600 ヴァイブラント オレンジ。黄金色が絢爛に煌めき揺らめく

「スーベレーンM600」がベースの特別生産品、ヴァイブラントオレンジ。

2004年に登場した特別生産品「スーベレーンM320・オレンジ」の明るめの色彩・透明感は絶妙で、好みど真ん中、特に、思い入れの強い万年筆です。しかし、それ以降ではマーブル系統のオレンジ軸は 長らく発売されず、心待ちにしていたところに「スーベレーン600・ヴァイブラントオレンジ」の情報。

予約をすぐさま入れて、字幅とインクはどうしようかな?と考える日々。そして、入荷日には 即出向き、実物のチェック。きららかに輝く様に見惚れつつ、ピンときた個体を収穫してきました。

目次へ

記事の内容をざっくり紹介!

  1. 「ヴァイブラント オレンジ (Vibrant Orange)」の発売情報を得て、即座に予約。
  2. 燦めく様が華やか、『スーベレン600 ヴァイブラントオレンジ』
  3. ニブはEF(極細)をチョイス。Bと迷っていたけれど…。
  4. まとめ: 待望のスーベレーン600・ヴァイブラントオレンジ。このオレンジ色は素晴らしい。

「ヴァイブラント オレンジ」の発売情報を得て、即座に予約。

M600 vo「そろそろ出るんじゃないか?」と焦らされ続けたマーブル調オレンジ軸。

特別生産品「スーベレーンM320」シリーズは、2004年にオレンジ、2007年にグリーン、2010年にルビーレッド、2011年にパールホワイトが発売されました。そして、それに応えるように、2012年に M600ベースのルビーレッド、2014年には M600版・ヴァイブラントグリーンが発売。

この次(2016年)は、M600ベースのオレンジかパールホワイトあたりが来る…?と思いきや、予想に反し発売されたモノは M805・ヴァイブラントブルー。M600は持っておらず、M800の方を好んでいた為、「M800・ヴァイブラントオレンジがありうる?それか、大穴で M600・オレンジ縞とかなら大歓迎…」と妄想を膨らませていました。

(ただ、正直なところは、マーブルオレンジを出してほしい気持ち三割、出ないでほしい気持ち七割という心持ち。M320に執着していたので、M600、M800で発売されてもなぁ…、と消極的に考えてました)

ペリカンの万年筆・スーベレーンM320 オレンジの全字幅揃えが完成! 念願成就して悦に入る

 

しかし、2017年に入って、「ヴァイブラント・オレンジ」が出てほしい願望は 100%に。

その訳は、ある日、持っていたM320の内の一本が 首軸と樹脂の境目でポッキリと折れたコト。

有償でも治れば…、とペリカンに連絡してもらいましたが、時すでに遅し。M320・オレンジのボディ部分の修理パーツは残っておらず、修理不能。M300がベースのM320は細く、同様の事例報告が多かったコトを知り、携帯万年筆班からは除外を決定。木箱に収納して、大切に愛でる「扱い」に変更しました。

 

そんなこんなで、マーブル系統のオレンジ軸の発売を期待し、次の限定品の噂が流れながら 発表では躱されつつ、時が流れて2018年も10月に入ったところで、特別生産品『スーベレン600 ヴァイブラントオレンジ』が公式で発表。ヴァイブラントオレンジの透け感・キラキラ感・明るめの色合いは M320を踏襲しており、即予約を入れました。

目次にもどる

 

燦めく様が華やか、『スーベレン600 ヴァイブラントオレンジ』

Pp voPp vo01Pp vo02Pp vo03良きオレンジだなぁー、好きだなぁー、かわいいなぁー。(うっとり)

燦々と輝き、光にかざすと透き通る鮮やかなオレンジのボディ。

そのオレンジには濃淡があり、単調ではなく、その中でも、ジュバッと蕩け出たような「溜まり」部分は たまらない魅力であり、陽炎のようにメロメロきらめく様は、超絶「萌え」ポイント。

このオレンジのきらめきが ヴァイブラントオレンジの特色であり、沢山のオレンジ軸を見てみて、改めて、ペリカンがつくるマーブル系統のオレンジこそが「最も私好みのオレンジ軸」でした。

目次にもどる

 

ニブはEF(極細)をチョイス。Bと迷っていたけれど…。

TesssIMG 4625何本か試し書きをして、細かった極細(EF)を選択。(インクは、プラチナのサニーイエロー)

予約段階では太字(B)を選んでいたものの、実用(5㍉方眼への書き込み)を考えて、極細(EF)に。

目次にもどる

 

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!!

今回のココ↓掘れ、ざっくざく!!は、

待望のスーベレーン600・ヴァイブラントオレンジ。このオレンジ色は素晴らしい。

です。

 

2018年で180周年を迎えたペリカン。

限定モデルが色々と登場して、その大トリを飾ったのが「スーベレーン600・ヴァイブラントオレンジ」。デルタ社が廃業してしまったコトで ショーケースの色合いが寂しかったところに、温かみのある蜜柑色の万年筆。定番ではなく、限定品なので、あっという間になくなることもありうるので、お早めに。

うーむ、ボールペンも欲しくなってきましたw