ペリカンの万年筆・スーベレーンM320 オレンジの全字幅揃えが完成! 念願成就して悦に入る

320-all諦めなければ、限定品でも「縁」がある。

オレンジ色のボディが煌めくミニサイズの万年筆。この絶大なる可愛さには 心をくすぐられ、使っていくにつれて 書きやすさにも心酔しました。そうして、今度は字幅すべてを入手したいと思うほど その魅力の虜となり、ついには 念願だった全字幅収集(コンプリート)に至りました。

今回の記事では「入れたインクの組み合わせ」や「溺愛しているM320の集合写真」、そして、最後のオマケに 2004年の特別生産品だった「スーベレーンM320・オレンジ」を入手できた道筋等を改めて紹介していきたいと思います。

目次へ

記事の内容をざっくり紹介!

  1. 「スーベレーンM320・オレンジ」の集合写真に ウットリ!!
  2. インクの取り合わせに迷い、良き伴侶(パートナー)に出会う!
  3. まとめ: 万年筆の全字幅コレクションに成功♪ 最も好きな万年筆(スーベレンM320)だったから超嬉しい♪

「スーベレーンM320・オレンジ」の集合写真に ウットリ!!

DSCF2741DSCF2745DSCF2748DSCF2744DSCF2743とんでもなく カワイイ…!! 瑞々しくオレンジの輝きを放つ 全長11㎝のプリンセス。

黄みがかった冴えた橙色がベースとなり、見る角度・光のあて方・そして入れるインクに依って「表情」を変えるスーベレンM320・オレンジ。数あるオレンジ色の万年筆の中でも、一目見た時に ココまで強烈にトキメキを感じ、まさに「最高!」といえる存在は 他には ありません。

目次にもどる

 

インクの取り合わせに迷い、良き伴侶(パートナー)に出会う!

DSCF2752DSCF2750さてさて、どんなインクを吸入しようかと迷うもの…。

この万年筆「M320 オレンジ」のレジンボディは透明度が高く、ピストン吸入機構と中のインクが透けてみえます。そのため、濃い目のインクを吸わせてみると、結構ハッキリと主張します。

そこで 極細2、細字、中字の3本は 同系色班として「セーラーのストーリア・ライオン」「プラチナのミックスフリー・サニーイエロー」「ペリカンのエーデルシュタイン・マンダリン」を。
極細1、太字、極太の3本は常用班として、「ペリカンのブルーブラックとロイヤルブルー」(コスパも抜群) を入れることにしました。

これらの組み合わせ、自画自賛ですが 大変気に入っています!

ちなみに、エーデルシュタインインクの2013年限定色・アンバーを好んで、ずっと使っていたのですが、使い切ってしまったので 顔料インクのストーリア・ライオンに変更しました。

目次にもどる

 

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!!

今回のココ↓掘れ、ざっくざく!!は、

万年筆の全字幅コレクションに成功♪ 最も好きな万年筆(スーベレンM320)だったから超嬉しい♪

です。

 

待ちわびた万年筆を見つけて、小躍りしました!

スーベレンM320・オレンジの字幅を揃えていった順番は、「1. BB (極太) → 2. F (細字) → 3. EF (極細) → 4. M (中字) → 5. EF (極細) + BP (ボールペン) → 6. B (太字)」だった訳ですが、最後の太字(B)がなかなか見つかりませんでした。

最後の太字(B)確保の際にも チョットした出来事(身内に先を越されて、気分はジェットコースター)があったのですが、それはお会いしたタイミングにて…。

 

ちなみに、スーベレンM320は 2004年の限定品なので、当然「中古商品」として探す必要があります。入手できた経路の内訳としては、キングダムノートにて3本(F、M、B)、ヤフオクにて2本(EF ×2)、ユーロボックスにて1本(BB)でした。

探していた一本に出会うためなら、今のオススメスポットは新宿の筆記具専門店「KINGDOM NOTE (キングダムノート・俗称「王国」)。ココは外せません。

キングダムノートは新宿で高級筆記具を扱うお店。 一度足を踏み入れれば、奥深くて愉しい中古万年筆&インク沼があなたを待っています