スティロアート軽井沢のオリジナル万年筆「シラネ」× 拭き漆。シンプルゆえに格好良い!

「ココボロ」に拭き漆を施した万年筆(Stylo Art / 数野元志氏・製作)を入手。

手に馴染む感覚が心地良い木軸や漆塗りの万年筆。その系統の万年筆に触れている内に 段々と気になり、特に、橙色の木種(花梨、ココボロ、ブライヤー等)に強く惹かれました。そうして探す中で、目星をつけていたスティロアート軽井沢 (Stylo Art)の催事で「ココボロ」に拭き漆を施した万年筆と出会いました。

目次へ

記事の内容をざっくり紹介!

  1. 漆作品に期待して、スティロアートの展示会へ。
  2. 「ココボロ (Cocobolo)」に吸い寄せられて…
  3. 首軸が、軸と同じく「ココボロ × 拭き漆仕上げ」なのもイイ!
  4. ペン先は、パイロットの「フォルカン / FA」(15号)!
  5. まとめ: 手になじむ漆と杢の両方を楽しめる「拭き漆」。ココボロのエイジングはどうなるかなー?

漆作品に期待して、スティロアートの展示会へ。

IMG 2187IMG 0824IMG 6009

万年筆のインキで 木地を染めてから、拭き漆を幾度も施した『インキ染め・拭き漆』という手法や、下地に錫粉を蒔いて 色漆を塗り重ね、錫の層が表れるように研ぎ出し、程良い艶がでるまで漆を摺り込む『彩雲塗り』など、特色のある作品を生み出している「スティロアート軽井沢」(Stylo Art)

 

以前、入手した『インキ染め・拭き漆』手法を施した万年筆 ×2。

杢が鮮明に浮かび上がり、尚且つ、木では見かけない色合い・形相の面白さにハマったため、『インキ染・拭き漆』を施した 好みの色軸があるかな、とスティロアートの催事を期待して待っていました。しかし、手間のかかる品ということもあって、並んでいたモノは、以前見かけた「色彩雫・夕焼け」で染めた軸。

ダークオレンジの陰影は 非常に美しいものでしたが、入手した別のインク(オレンジクラッシュ)で染色した明るい軸が好みをバッチリ捉えていたコトもあって、見送りを決定。

「インク染・拭き漆」仕上げのメープル軸万年筆 (スティロアート)。波打つ縮杢が艶やかに際立つ
「インキ染め・拭き漆」が施された スティロアート製の万年筆。美しき玉杢+煌めく色艶

 

もうひとつ気になっていた作品は、『彩雲塗り』の品々。

研ぎ出された錫の光沢と漆の艶。二つが結びついた様相は想像出来なかった訳ですが、実物をみてみると、「砂壁(和室の壁)っぽい」というのが第一印象。こんなテイストの漆作品は新鮮でしたが、「山吹色」の彩雲塗りが見てみたいので、こちらも見送り。

目次にもどる

 

「ココボロ (Cocobolo)」に吸い寄せられて…

Coco4色調が橙色の材木を調べて、候補に挙がった木・ココボロ。

ただ、『ココボロ』の特徴・エイジングが非常に早く、色の変化幅も大きめ(明るい黄色、オレンジがかった赤色 → 飴色、木目も分からない程に濃く深い茶褐色)という点が気に掛かり、使い込んだ後の様相が 好みじゃないかも…?と、なかなか入手までには至りませんでした。

MEMO
【ココボロ(Cocobolo) ・・・ 学名 : Dalbergia retusa

中南米原産のマメ科ツルサイカチ属の広葉樹。サザンアメリカンローズウッドとも呼ばれ、紫檀(ローズウッド)とは近縁だが、色調は異なり、心材は橙色から赤褐色を呈す。 黒い縞や班を有することがあり、サイケデリックな文様が珍重され、使い込むと艶やかな濃い色に変色。

 

しかしながら、此度、目を留めたココボロの軸は、通常のオイルフィニッシュではなく、拭き漆仕上げ

オイルフィニッシュは、木肌に植物油を塗るコトで、内部に塗膜をつくり、表面は木本来の個性を活かし、木の経年変化も楽しめる仕上げ方。拭き漆仕上げは、生漆を材に摺り込んで仕上げる方法。

摺き漆仕上げならではの艶、木目、そして、色変化が控えめという期待。

これらを鑑みて、拭き漆を施したココボロなら、条件はオールクリア。そんなこんなで 最後の考え所は、オレンジ色が強い個体か、ココボロらしい赤色の利いた個体か、どっちにするか問題…。二つを見比べては唸りつづけ、結局は、最初に目をつけた「ココボロらしい赤色の利いた個体」を選びました。

 

DSC01414DSC01440DSC01463DSC01477

目次にもどる

 

首軸が、軸と同じく「ココボロ × 拭き漆仕上げ」なのもイイ!

DSC01482IMG 4344

万年筆を使っていると、指先が接する首軸部。この首軸部分が 軸と同じ木で拭き漆が施されている点が、このモデル・シラネ × 拭き漆の特徴であり、ゆびが すっと落ち着く感じは心地良く、心が動きました。

目次にもどる

 

ペン先は、パイロットの「フォルカン / FA」(15号)!

IMG 4357IMG 4361IMG 4364 1軟らかく、ペン先がしなりやすい。

でっぷりと大きいペンポイントが付いた「コース / C」を当初は購入したものの、日頃の使い方を省みて、別の万年筆に就いていた「フォルカン / FA」に差し替え。くにっと撓みやすく、抑揚をつけるのも容易なので、面白さ・愉しさを求めるならば、やはり、フォルカンはピカイチ。

目次にもどる

 

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!!

今回のココ↓掘れ、ざっくざく!!は、

手になじむ漆と杢の両方を楽しめる拭き漆。「ココボロ」のエイジングはどうなるかなー?

です。

 

手元にあるスティロアート産まれの万年筆は、どれも具合が抜群に良く、今回迎えた「シラネ拭き漆(ココボロ)」も かなり気に入っています。リング、クリップがなくて、すっきりシンプル、格好良いです。そしてそして、拭き漆を施したココボロが、今後どんな風に経年変化していくのかも楽しみです。