TAG 五万円以上: 高級万年筆

ペルナンブコの万年筆を スティロアートにて。いつか欲しいと思ってた木軸の万年筆≡

軸がペルナンブコのスティロアート製万年筆を紹介・レビュー。今までペルナンブーコの万年筆を所望していましたが、見てきた中でもオレンジ色の発色は特出。ちなみに、ペン先は パイロットのウェーバリー・WA(10号)を選択。ヌットリ書いていると非常に心地良く、クセが少ないので、中字を求めるならばオススメです。

「インキ染め・拭き漆」が施された スティロアート製の万年筆。美しき玉杢+煌めく色艶≡

木軸をインクで染め、拭き漆を施したスティロアート製の万年筆を紹介・レビュー。インクの色+漆のツヤによって、木の立体感ある美しさが強調されます。色もツボ、タモ玉杢の表情も好み。キャップとボディの木目がピッタリ揃うコトにも感激して、我が物にしたくなりました。

パーカーのフラッグシップクラスの万年筆・デュオフォールド ビッグレッド。クラシカルで高貴な往年の名作≡

パーカーの万年筆・デュオフォールド を紹介・レビュー。ビッグレッド(赤みがかったオレンジ)の復刻版は数ある中で、1990年代につくられたモデル(サイズはインターナショナル)を入手。パーカー伝統の色使い(オレンジ、ブラック、ゴールドトリム)は格調高く格好良い。

中屋の万年筆をオーダーメイド。まろやかなフォルムを覆い、しっとり馴染む「漆溜塗」の質感≡

中屋万年筆(NAKAYA)の万年筆を紹介・レビュー。軸はピッコロのロングサイズ、漆溜塗の洗い朱を選択。漆のしっとりとした優しい感触が気持ちよくて、ネジ付近でエボナイトが透けた様がとても格好良い。また、イベントでの購入のため、対面でペン先調整をしてもらっているので全てに於いて非の打ち所がない。

ペリカンの万年筆・スーベレーンM800の胴軸カスタマイズモデル (Custom Binde)。この色遣いに一目惚れ!≡

ドイツの老舗ブランド・ペリカン社の傑作シリーズ「スーベレーン (Souverän)」のボディカスタマイズモデル (Custom Binde)の紹介・レビュー。スーベレンのシンボルは軸の縞模様ですが、この胴軸は飴細工を思わせる優しい色調。見た目が 理想そのものだったので入手しました。

スティロアート軽井沢に特注した万年筆(フォルカン・FAニブ × モデルB.O.)が完成。こだわりの凝縮形に大興奮!≡

「スティロアート軽井沢」(Stylo Art)にオーダーした万年筆が出来上がりました。ペン先の仕様はパイロットのフォルカン・FAニブ、そして軸には透明感のあるオレンジ色のレジン、そしてワンポイントで天冠と尾栓に黒檀を使用しています。好みが全部凝縮された自分だけの一本、たまりません!