BRAND / MAKER パイロット (PILOT)

ペルナンブコの万年筆を スティロアートにて。いつか欲しいと思ってた木軸の万年筆≡

軸がペルナンブコのスティロアート製万年筆を紹介・レビュー。今までペルナンブーコの万年筆を所望していましたが、見てきた中でもオレンジ色の発色は特出。ちなみに、ペン先は パイロットのウェーバリー・WA(10号)を選択。ヌットリ書いていると非常に心地良く、クセが少ないので、中字を求めるならばオススメです。

「インキ染め・拭き漆」が施された スティロアート製の万年筆。美しき玉杢+煌めく色艶≡

木軸をインクで染め、拭き漆を施したスティロアート製の万年筆を紹介・レビュー。インクの色+漆のツヤによって、木の立体感ある美しさが強調されます。色もツボ、タモ玉杢の表情も好み。キャップとボディの木目がピッタリ揃うコトにも感激して、我が物にしたくなりました。

スティロアート軽井沢に特注した万年筆(フォルカン・FAニブ × モデルB.O.)が完成。こだわりの凝縮形に大興奮!≡

「スティロアート軽井沢」(Stylo Art)にオーダーした万年筆が出来上がりました。ペン先の仕様はパイロットのフォルカン・FAニブ、そして軸には透明感のあるオレンジ色のレジン、そしてワンポイントで天冠と尾栓に黒檀を使用しています。好みが全部凝縮された自分だけの一本、たまりません!

ブングボックスのオリジナル万年筆・キャップレス エネルゲイア。キャップレスの使い勝手の良さを知ってるからこそ四本目!≡

BUNGBOX(ブングボックス)の限定万年筆・キャップレス エネルゲイア(energeia)を紹介・レビュー。燃えたぎるエネルギー(=灼熱の太陽)を想起させるオレンジ系マーブルは待望の色。また、ペン先はMを選択、よくしなる 書きやすい逸品でした。やっぱり、ノック式万年筆は使い勝手が良いのでオススメの存在です。

パイロットの万年筆用コンバーター「CON-40」が新たに登場。「CON-20」と「CON-50」は製造終了≡

好きなインクを万年筆に吸入する為の器具・コンバーター。パイロットの万年筆用コンバーター「CON-20 (板バネ式)」と「CON-50 (回転吸入式)」の二種類が生産終了になりました。そして、それらの廃番に伴い、「CON-40」が後継器として登場。「CON-40 ピストン式)」の特徴と使い方を紹介します。

パイロットの万年筆「キャップレス」の海外仕様モデル。メタリックオレンジと黒い梨地仕上げのコントラストがオシャレ!≡

ノック式万年筆・キャップレスの逆輸入版「メタリックオレンジ (Metallic Collection / Desert Orange)」を紹介。キャップレスと形は同じですが、ボディの色がメタリックカラー、金属パーツがマット仕上げになっており雰囲気が変わっています。手帳記入用にガッツリ使っています。

キャップレス(パイロット)はノック式の万年筆! すぐに使える便利さ・実用性の高さ × 万年筆の書き味 = 普段使いにピッタリ!≡

パイロットのキャップレス(ノック式万年筆)を紹介・レビュー。万年筆をササッと片手で使える最高の実用性、使ってみて効果・便利さを実感。すぐ使える魅力にはハマり、ペン先が硬い特殊合金タイプも購入し、常に携帯中。場所を問わずに使えるキャップレスのお陰で、万年筆がより身近になりました。

プレラ・色彩逢い(iro-ai)は透明ボディの万年筆。インクの色と合わせて カリグラフィニブを満喫!≡

パイロットの万年筆、プレラ 色彩逢い(iro-ai)の紹介・レビューです。珍しくもカリグラフィーニブ(CM)が選択肢にあり、あらかじめコンバーター(CON-50)がセットされた三千円台の万年筆です。スケルトンの軸越しにのぞくインクを考えるのも楽しく、色彩雫とのセットはオススメ。

ペンサンブル(Pensemble)のラウンドファスナーペンケース。必要分の筆記具を大切に守る!≡

ペンサンブルのラウンドファスナーペンケースを紹介。柔らかいキップレザーの手触り、内部のスウェードが心地良く、飽きのこないデザインの筆箱(ペンケース)です。Pensembleのペンケースはお値段以上の良品、気に入っています。ちなみに、3本入れですが割り切って5本挿して使用中。

色彩雫(iroshizuku)の小瓶が登場! 手にとりやすいミニサイズのボトルだから万年筆のインク色遊びが捗る!≡

色彩雫 – iroshizuku (パイロット)にミニサイズが登場。24種類と豊富なラインナップで比較的手に取りやすい色遊びがしやすいオススメの万年筆用インクです。15ml700円とコスパは悪くなりましたが、気軽に試せる小容量が欲しかったのでミニ登場は歓喜。インク沼、進行中。