VICTORINOX TOMO(ビクトリノックス トモ)。 小さなボディにふだん使える三つのツール

tomo-victorinoxハサミ、小型ナイフ、つめヤスリの3つが入った「VICTORINOX TOMO」(ビクトリノックス)。

赤いボディでお馴染みの多機能ツール・ビクトリノックス (VICTORINOX)には、複数の工具がギッシリ組み込まれており、なんともそそります。そのビクトリノックスのラインナップの中で 今回紹介する“TOMO (トモ)”は 小型のボディに選ばれた3つのツールを搭載したタイプです。

目次へ

記事の内容をざっくり紹介!

  1. VICTORINOX TOMO (ビクトリノックス)は 小さな優れもの!
  2. 機能面もグッド。VICTORINOX TOMOが 側にあれば必要十分!
  3. パッケージのゴムが キーリングへのストラップ代わりに丁度良い!!
  4. まとめ: 小さい、軽い、かわいい。痒い所に手が届く頼りになるマルチツールアイテム、VICTORINOX TOMO (ビクトリノックス)。

VICTORINOX TOMO (ビクトリノックス)は 小さな優れもの!

DSCF4296DSCF4303DSCF4298DSCF4300サイズは 長さ: 6センチ × 厚さ: 7.4ミリ。重量は、わずか22グラム。

コンパクトなサイズにぎゅっと詰め込まれた「VICTORINOX TOMO (ビクトリノックス)」。

メインウェポンは 基本的にツール三つのみ(はさみ、ブレード、つめやすり)。この3つだけを収納するシンプルなつくりに出来た為、TOMOの内部のバネ仕掛け構造は 単純です。すなわち、それぞれのツールは引き上げやすく、使いたい時にも迷わず、すぐに使うことができます。

目次にもどる

機能面もグッド。VICTORINOX TOMOが 側にあれば必要十分!

DSCF4305DSCF4307使う頻度が少ないモノは除外。そばにあって、役に立つ”TOMO” (トモ)として。

どこへでも供に持っていけるコトがコンセプトのVICTORINOX TOMO。小さなサイズですが、錆の心配もないステンレス製ブレードの切れ味やハサミの使い勝手は無論、筋金入りでした。

ビニールのパッケージ、洋服のタグや糸のほつれ、ちょっとした紙類を切るのにハサミは使いやすく、果物に切れ目を入れたり、鉛筆を削るときにブレードは活躍。また、爪やすりの先端は マイナスドライバー扱いなどなど、TOMOが手元にあって役立った場面は数えきれません。

目次にもどる

パッケージのゴムが キーリングへのストラップ代わりに丁度良い!!

DSCF4309いつも持ち歩いてる立つペンケースの中に入れている「VICTORINOX TOMO」。

VICTORINOX TOMOは小回りがきくポケットサイズですが、そのままペンケースに入れてしまうと 埋没してしまい迷子になります。その対応策として、パッケージのゴムを ストラップとして利用することにしました。ゴム素材なので かさばることもなく、なかなか気に入ってます。

目次にもどる

 

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!!

今回のココ↓掘れ、ざっくざく!!は、

小さい、軽い、かわいい。痒い所に手が届く頼りになるマルチツールアイテム、VICTORINOX TOMO (ビクトリノックス)。

です。

 

アーミーナイフの大御所、重厚な佇まいをしたVICTORINOXのマルチツールも好みです。

持ち運びに向くミニサイズハサミは 既に何種類か持っていたのですが、VICTORINOX TOMOのスタイリッシュなデザインが好みと用途にピタッとハマり、多少高かったものの購入しました。(今回紹介した柄物は「VICTORINOX TOMO EARTH COLLECTION 2015」のひとつ。)

そんなTOMOを手にしてみて使ってみると 非常に便利。そして、所有欲も満たされて「お気に入りの道具」になりました。周りの人が困っている時にサッと出すのも、また一興です。日常生活でもバリバリ使えますが、旅行に持って行く時には スーツケースに移すコトをお忘れなく!