DSC00524蔵前にあるオリジナルのノートが作れるお店「カキモリ」隣のインクスタンドがリニューアル。

オリジナルのインクを調合できるお店「inkstand by kakimori」は 2014年の9月にオープン。しかし、ミックスにつかうインクの調達が難しくなったことで、インクスタンドは一時期閉店していました。

そんな「インクスタンド」、新たなベースインクに 日本の絵具メーカー「ターナー色彩株式会社」と共同開発したという万年筆用の顔料インクを伴い、2016年11月1日よりの再開です。

目次へ

記事の内容をざっくり紹介!

  1. 「混色キット」をつかって、希望の色をつくる。
  2. 紆余曲折を経て、インクはこんな風に…
  3. 「ink stand by kakimori」の情報
  4. まとめ: 「万年筆用顔料インク」に大きな動き。予想を超えて、混ぜて色をつくれる顔料インク!

スポンサーリンク

「混色キット」をつかって、希望の色をつくる。

IMG 2813IMG 4053ベースになる顔料インクのラインナップは 14色。
(「Dress Blue」「Puddle」「Cactus」「Lime Shock」「Soil Brown」「Harvest Gold」「Dryed Papaya」「Twinkle Yellow」「Daruma」「Blooming Pink」「Velvet Purple」「Foggy Violet」「Meteorite」「Smokey Black」)

 

混色サンプルや、ラベルの色も参考にしつつ、2〜3色を選ぶ。

インクの色は それぞれのインクを何滴ずつ入れたかの比率で決まるため、一滴ずつスポイトでカップに垂らし、ガラス棒をつかって良く混ぜたら、ガラスペンをつかって紙に書く。ちょっとずつ変わる色合いを見ながら、イメージどおりの色に出会うまで 試行錯誤の繰り返しです。

そして、イメージ通りの色がつくれたら「注文」。この比率を基に スタッフさんが「製造」、仕上がった色を確認したら、「ボトル詰め」をして「完成」です。

目次にもどる

紆余曲折を経て、インクはこんな風に…

IMG 1496混ぜられる顔料インクをつかってのインクスタンドリニューアルをきいたとき、本当にびっくり。

「ドキュメントインク」(ローラーアンドクライナー)や「ストーリア」(セーラー万年筆)のように カラフルな顔料インクも増えてきましたが、残念だったのはオレンジ色がなかったコト。
オレンジ色の顔料インクが出てほしいな〜と常々思っていたので、欲しいのはオレンジ色。

IMG 8729一滴、また一滴…。追加するごとに段々と遠のいてく感がアリ、結局は…。

もしかして、ベースカラーだった「Dried Papaya」(写真左)が鮮やかで趣く色だったのでは…??ということで、オレンジインクの自作は諦め、「Dried Papaya」をいじらずに注文。(価格は同じで、注文は可能 / 黄色っぽいオレンジを求め、いずれリベンジしたいとは思ってます…)

IMG 2502IMG 4007
IMG 9656尚、二種類。もう一色作るコトが出来たので 次は ブルーグリーン系をつくることに。

今度は混色サンプルをベースに、ちょっとだけアレンジを加えてみると…。なんか見たコトがある色に。あー、分かった…。買おうかどうしようか迷っていたペリカンM205アクアマリンの色だ。

(参考:このインクの配合は Puddle 3 : Foggy Violet 2 : Lime Shock 1)

目次にもどる

「inkstand by kakimori」の情報

IMG 3625g

名称ink stand by kakimori
住所111-0051
東京都台東区蔵前4-20-12
電話番号03-3864-3898
営業時間12時〜19時(平日)/ 11時〜19時(土日祝)/
月曜定休(祝祭日はopen)
オーダーインクの価格1瓶 2160円(税込)
※2017年1月より 2,700円(税込)
インクの容量約33ml
製作時間約30分
定員最大4名
ホームページhttp://inkstand.jp/

目次にもどる

 

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!!

今回のココ↓掘れ、ざっくざく!!は、

「万年筆用顔料インク」に大きな動き。予想を超えて、混ぜて色をつくれる顔料インク!

です。

 

染料インクよりも、より「残る」顔料インク。

ミクサブル顔料インクの出現で 選択肢が格段に増えたコトとても喜ばしいわけですが、高価なペンには不具合があったときが怖いので入れづらい。さてさて、どのペンに入れようかと迷い中です。

そんな今回開発された顔料インクの調子(耐水性、耐光性、メンテナンス)については、もうすこし使ってみてから改めてご報告したいと思います。機会があれば、開発秘話も聞いてみたいですねー(インクのうすめ液キットも買ってきたので、もっともっと遊んでみます)

ABOUTこのブログの運営者

鈴木元貴です、げんきです。このサイトの管理人。ステキな文房具をじっくり丁寧に掘り下げて紹介しています。 >>詳細プロフィールはこちら<< (1991年3月20日生まれ 静岡県沼津市出身、立川市在住)