つくし定規は地味だけどスゴい! 使いやすさを支えるエッチング加工や端からゼロスタート

tukushi-jogi ステンレスで全くの無駄が無い15センチの定規。 無駄が無い、裏を返せば全て必要なことが詰まっている定規です。数字が大きいので、タテでもヨコでも判読しやすいことや端から始まる目盛りなど、「測る」という行為を手助けしてくれるナイスなツールです。

つくし定規 | 文具 | つくし文具店

 

記事の内容をざっくり紹介!

  1. つくし定規の見やすい数字軸を支えるエッチング加工とタテヨコ目盛り
  2. ゼロスタートは実は難しい! そんな製品は使い込みたい!
  3. まとめ: 高度な技術だけど手軽に使える定規に! バランスもいい無骨な定規。


 

つくし定規の見やすい数字軸を支えるエッチング加工とタテヨコ目盛り

case DSCF0792 DSCF0790両サイドの目盛りに合わせ、縦と横の数字が並んでいます。 定規の目盛りとにらめっこする必要がなくなります。タテにもヨコにも、どっちからでも曖昧にならず読み易い定規です。また、印字されている数字にも秘訣があります。その秘訣はエッチング加工をした、更にその上からも黒のクロムメッキを施していることです。使い続けてもかすれにくい、と謳われていたのですが納得しています。最初の記事を書いた二年後の写真を使ってるのですが、ほとんど擦れていないスグレモノです。

目次にもどる

 

 

ゼロスタートは実は難しい! そんな製品は使い込みたい!

DSCF0791端から始まる定規を、普通の人でも気軽に使える! 立ち上がり部分も問題なく測ることが出来るのですが、実はこれは難しい技術です。ゼロスタートの定規製作は精度が求められるため、全国でも限られたところでしか作れないらしいです。ちなみに、このつくし定規はドリルデザインが考案し、新潟県燕市の計器専門メーカーが製作していると聞きました。その技術力がこの15cmの定規には刻み込まれています。

目次にもどる

 

 

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!!

今回のココ↓掘れ、ざっくざく!!は、

高度な技術だけど手軽に使える定規に! バランスもいい無骨な定規。

です。

 

質の良い定規を選ぶことが出来ました。 最近定規の使用頻度が少なくなってきたのですが、デザイナーの想いとこだわり、高度な技術が結集した「つくし(尽くし)定規」は、絶品なので使っていきたいです。ペンケースの中身はよく変えてるのですが、ここ最近この定規はずっと同じ場所にあります。