『文房具屋さん大賞2013』プロが選んだのは、やっぱり正統派

bunguya-taisyo2013

DSCF0478

文房具有名店の店員さんが「自腹で買いたいと選んだ文具」を紹介している雑誌が『文房具屋さん大賞』です。

定番品も勿論、新しく出た商品がガッチリと紹介されているので、ユーザーが使いやすいカタログとして使っています。

 

 

参考記事:「文房具屋さん大賞2013」発表!

 

<h2大賞に輝いたのは、パイロットのボールペン「フリクションボールスリム」

やっぱり、これかーという印象でした。

2006年に発売されてから、フリクションは話題に尽きることがない印象です。

発売された時には、僕も購入しフリクションボール3ウッドに実装しています。

関連記事:0.38の『フリクションボール』、この細さが欲しかったんだよ♪≡ | げんき、ざっくざく!!

 

<h2続いては、新人賞

トンボ鉛筆の「MONO 2way」

「消しゴム」と「修正テープ」が一体となったもの!

文字消しの王道でペンケースに入れておけば、かなり便利になると思います。

個人的には、シャープペンシルを全く使わなくなっていたり、ボールペンで間違えても二重線で消してしまうので、発売された時にあまり興味はありませんでした。

 

 

細かいノミネートされた文具の紹介は、止めておきますが、部門賞としては、

  • 書く部門:ボールペン/万年筆/シャープペンシル/鉛筆/カラーペン/筆箱
  • 消す部門:消しゴム/修正テープ
  • 着る・測る部門:ハサミ/カッター/定規
  • 留める部門:ステープラ/クリップ
  • つける部門:のり/テープ
  • 伝える部門:ふせん/ノート
  • 管理する部門:手帳

とジャンル分けされて、紹介があります。

 

また、『文房具屋さん大賞2013』にはこの他にも“文具芸人”だいたひかるさんによる「面白文具賞&妄想文房具」やデジタル文房具の掲載もあります。

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!! (ポイントここ≡)

今回のココ↓掘れ、ざっくざく!!は、

  • やっぱ、これだよね!という定番品ランキング

です。

文房具を試すには自腹で買ってる消費者からすると、出てくるのはけっこうお馴染みの定番品ばかり。

でも、しっかりとおススメポイントなんかが書かれているので、定番品の良さの再発見という感じです。

思いっきり慣れ親しんでいた『スコッチ メンディングテープ』も選抜されていてビックリです。

 

この本にあった文具は、王道中の王道という感じでかなりの割合で持っていました。

記事にしていない文房具がかなり見つかったので、記事で紹介したいと思います♫

from GENKI (@genkiszk)