summit-talk「万年筆サミット」の一コマ・トークイベントにて、万年筆関係諸々の話をきく。

2016年12月2日〜 4日の三日間に渡って、大阪梅田にある「NAGASAWA梅田茶屋町店」にて『万年筆サミット』が開催されました。この記事では、万年筆サミットのイベント・雑誌【趣味の文具箱】の編集長・清水氏 × 【神戸インク物語】の開発担当・竹内室長の座談の模様をお伝えします。

目次へ

記事の内容をざっくり紹介!

  1. 神戸インク物語、十年の節目を迎える。
  2. 趣味の文具箱 vol.40 〜万年筆インクの新しい世界〜 メイキング話
  3. まとめ: 想いの入ったメイキングを聞くと、ついつい買いたくなる♪

スポンサーリンク

神戸インク物語、十年の節目を迎える。

IMG 0575IMG 0576IMG 0440神戸インク物語、60色に到達。(2017年に満10年、二ヶ月に一色のペース)

竹内室長
「神戸発祥の文具をつくりたい、神戸の魅力を発信したい」という想いで始めた『Kobe INK物語』が来年で10年になります。やってこれて良かった、というのが素直な気持ち。
竹内室長
まだまだ、つくりたいインクが沢山ある。次の61番目はピンク…。

目次にもどる

神戸の景色をテーマにつくったKobe INK物語、神戸の夜を彩る。

Ink lightKobe INK物語のイメージカラーで、旧居留地の建築物7棟がライトアップ。

玄関口・DAIMARUは『学園都市フレッシュグリーン』の爽やかなグリーンのグラデーション。

他には、38番館が 温かいオレンジ色の『垂水アプリコット』、神港ビルヂングは レトロ感ある琥珀色の『有馬アンバー』、そして、チャータードビルは 神戸市の花・紫陽花色の『六甲シチダンカ』と『神戸ヒメアジサイ』などなど。(ライトアップは12月25日迄、実施予定。)

目次にもどる

キップレザーシリーズに新商品!?

15136007 1109676389140033 6512245343813051394 n 1キップレザーをつかったオリジナルアイテム、限定色の「六甲アイランドスカイ」も好評。

竹内室長
ジッパータイプのペンケース(5本用と10本用)をまもなく発売予定。神戸インク物語の新色と合わせて、乞うご期待!

目次にもどる

 

趣味の文具箱 vol.40 〜万年筆インクの新しい世界〜 メイキング話

IMG 0577IMG 0451年に一回ペースで刷新される「インク特集」は 特に濃厚。「THE・インクの教科書」。

清水編集長
ぜひ見てもらいたいのは、綴込み付録「巻頭の万年筆インクカタログ全539色」と「色相でみるインクの色分布」。色再現は非常に大変でしたが、改めて感謝。

インクの性質を決める要素のひとつ「表面張力」を測定、今号のデータに追加。

インク特集を年一で行うにあたり、趣味文編集部では 新たな情報(40号では「表面張力」を測り、粘度との相関を探った)を入れるように心がけている、とのコト。この項目以外にも、ブルー系インクに絞った明度と彩度の分布など、興味深い内容みっちりで 盛り沢山。今号は特に入手推奨です!

目次にもどる

 

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!!

今回のココ↓掘れ、ざっくざく!!は、

想いの入ったメイキングを聞くと、ついつい買いたくなる♪

です。

 

話題に尽きるコトがなく、あっという間のトークショー。

万年筆好きにはたまらない 色気たっぷりの表紙写真のエピソード(数百枚撮った内の数カット / 背景を黒にする案もあったものの、おどろおどろしくなってやめたコト)や、小日向さんによる青インクの表情のハナシ(インクで違う世界に赴く)や にじみのハナシ。また、手書き人にまつわるコトや色見本のスピログラフ、新商品のコトなどなど物欲が大いに刺激されました。

万年筆サミット二日目のトークショーは恒例ときいたので、出来れば 来年も参加したいです♪