TAG 色彩雫 (iroshizuku)

色彩雫(iroshizuku)の小瓶が登場! 手にとりやすいミニサイズのボトルだから万年筆のインク色遊びが捗る!≡

色彩雫 – iroshizuku (パイロット)にミニサイズが登場。24種類と豊富なラインナップで比較的手に取りやすい色遊びがしやすいオススメの万年筆用インクです。15ml700円とコスパは悪くなりましたが、気軽に試せる小容量が欲しかったのでミニ登場は歓喜。インク沼、進行中。

カートリッジのみ対応の万年筆でも、好きな色のボトルインクを使いたい! そんなときのためのこんな方法!≡

カートリッジのみ対応の万年筆は、カートリッジインクしか選択肢がない?? そんなことはないです。紹介するスポイト注射器を使った注入充填方式を使えば、空のカートリッジに好きなボトルインクを充てることが出来ます。また、カートリッジだけで飽きてきたら、この方法を使ってみてはいかがでしょうか?≡

No.22 (MONTBLANC)が8本目の万年筆。祖父が残したウイングニブのビンテージ万年筆≡

祖父が残した1960年代の万年筆、モンブランのNo.22。通称二桁シリーズのウイングニブのヴィンテージ万年筆です。祖母のペン立てに無造作に置かれていたものを手入れをしたら復活しました。ウィングニブの面白い書き心地「にゅっ」とインクの濃淡が出る面白く、大切に扱いたい一本です。

スーベレーンM800(ペリカン)が、憧れの3本目の万年筆! 20歳の誕生日に味わえた、ぬらっとした書き心地!≡

憧れの万年筆ペリカンのスーベレーンM800(緑軸)を20歳の記念に購入した想い出記事です。 購入当時を思い出しながら、スーベレンM800細字のレビューを書きました。ペリカンの代名詞ともいえるド定番モデルスーベレーンM800は大切な頼もしい一本になっています。

万年筆のインクの耐水性が気になって調べた! 意外と純正のパイロットインクが滲まないことが判明!≡

自分が持っている万年筆のインクの耐水性が気になったので調べてみることにしました。 試したのは、パイロットの色彩雫シリーズ『土筆』『月夜』『松露』、純正カートリッジ『ブルーブラック』、セーラー 顔料インク「青墨」などです。 結果で意外だったのは、パイロット純正カートリッジ『ブルーブラック』の耐水性が高かったことです!!