コンクリンの万年筆・ノーザック ハーヴェストムーン(Nozac Harvest Moon)。琥珀のような色の深みが 実に美しい

nozac立体感あるうねり模様が抜群に綺麗だった万年筆「ノーザック ハーヴェストムーン」(コンクリン)。
昨年末、「キングダムノート」(KINGDOM NOTE)で見つけた この万年筆を今回は紹介します。

目次へ

記事の内容をざっくり紹介!

  1. コンクリンの万年筆「ノーザック ハーヴェストムーン」
  2. 付属品はなし…。でも、ペリカンのコンバーターが適合。
  3. 色彩雫(iroshizuku)の稲穂を入れて書いてみる♪
  4. まとめ: 渦模様の美しさにかなり満足した「ノーザック ハーヴェストムーン」。年の暮れに良品をざっくざく。

コンクリンの万年筆「ノーザック ハーヴェストムーン」

DSCF5090DSCF5089DSCF5085DSCF5084DSCF5093DSCF50811930年代に発売されたモデルの復刻版。大ぶりな軸の存在感は なかなかのもの。

現物の程度を確認するため、お店での取り置きを頼んでいた この万年筆。商品のコンディションには「メッキ部に多少劣化箇所みられますが、その他外観概ね程度良好」とありました。

また、「半透明の輝くボディが美しい」とも あったものの、画像から感じる魅力が控えめだったこともあり、見た目の期待値は 低めに想定していました。しかし、実際に商品を見せてもらうと、評価は一転。この万年筆(ノーザック ハーヴェストムーン)のルックスは 好みにピシャリとくるものでした。

 

透き通ったオレンジ色をベースに 緑みを帯びた黒い模様がうねる。見れば見るほど引き込まれる…。

黒と黄土色の二色をメインとしながら 様々な色が絡み合った奥行きある渦模様。大地に広がる穀物を 月が照らす、そんな情景が浮かんでくるような落ち着いた外観は 趣があってステキでした。(メッキ部分の劣化具合も ほとんど気にならず。)

目次にもどる

 

付属品はなし…。でも、ペリカンのコンバーターが適合。

DSCF5100DSCF5101店頭取り置きを頼んだ もうひとつの理由には 付属品がなかったことが挙げられます。

コンクリンの純正カートリッジ or コンバーターの入手が難しいコトは事前に判断済み。もしも、適応する他社製コンバーターがなければ、軸が気に入ったとしても 使えないことには勿体ないので 購入を見送る可能性もありました。

 

しかし、お店で調べてもらうと、ペリカンのコンバーターならば適合するコトが分かりました。

(ただ、他社製のコンバーターなので首軸への座りは弱く、けっこうグラグラします。今のところ、インク漏れ等の問題は起きていませんが 外での使用は 控えめにするつもりです。)

目次にもどる

 

色彩雫(iroshizuku)の稲穂を入れて書いてみる♪

DSCF5102DSCF5103DSCF5104DSCF510514Kニブがついていたコトも 購入の後押しになりました。スラスラと書きやすい。

軸のイメージに合わせて 色彩雫の稲穂を入れていますが、別のインクを入れるコトも検討中です。

色彩雫(iroshizuku)の小瓶が登場! 手にとりやすいミニサイズのボトルだから万年筆のインク色遊びが捗る

目次にもどる

 

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!!

今回のココ↓掘れ、ざっくざく!!は、

模様の美しさに満足した「ノーザック ハーヴェストムーン」。年の暮れに良品をざっくざく。

です。

 

今まで手に取るコトがなかった素材(セルロイド、エボナイト、木)も 気になる近頃ですが、珍しい万年筆「ノーザック ハーヴェストムーン」をゲットできました♪

オマスの万年筆「ナイト・オブ・ボローニャ」や デルタの新作「マスターピース」を思わせる今回の代物。やはり、「これだ!」と思える軸模様の一本を手にいれたい訳ですが、新品購入はなかなかできないので 良い掘り出し物と巡り会えるように キングダムノートウォッチを続けたいと思います。