フリクションボールの0.38ミリ、この細さ欲しかった! 多色タイプにも互換性あって換装化

frixion-slim 消せるボールペン・フリクションに、より細い0.38ミリのリフィル・スリムタイプが出ました。

今まで出ていたフリクションは、私が使いたい用途(手帳記入&問題へのメモ)には太すぎました。そんな折に出たのが、今回紹介するフリクションスリム(0.38mm)です。しかし、スリムはやはり軸が細かったため、多色タイプであるフリクションボール3と4に換装し使用することにしました。

関連記事: 消せるボールペン・フリクションボール3の高級版のウッドが出ました! 木が馴染みます♪≡

記事の内容をざっくり紹介!

  1. スリムボディだ! フリクションボールスリム0.38ミリ。
  2. 多色タイプ「フリクションボール3・4」と互換性があるから換装できる!
  3. 細く書けて、インクの減りも少ない! 0.38mm+αメリット!
  4. まとめ: 替え芯を好みに合わせてチェンジ! 細いのが好みかも♪

 

スリムボディだ! フリクションボールスリム0.38ミリ。

DSCF7971-1

想像していた以上に細い…。
僕が今勉強しているのは税理士試験の科目です。問題を解く際に数字を書きこむことが多く、その時に使いたいと思っていました。
以前、計算問題用に極細のボールペン(カヴァリエ)を購入したことがありました。
しかし、そのペンは結果から言えば細すぎました。
最初は細くて心地よく使っていましたが、書いていると握りしめているように手に力が入り過ぎてしまって、すごく疲れてしまいました。

目次にもどる

 

 

多色タイプ「フリクションボール3・4」と互換性があるから換装できる!

DSCF7970 ペン先の色が異なるだけで、長さ・太さ・形状は同じ。つまり、互換性あり!

それぞれの替え芯の裏面には「フリクションボールスリム用」「多色タイプ専用」と記載があります。しかし、比べてみると形状は同じであり、識別のため、ペン先の色が異なっているのみです。今まで何本も入れ替えて使用してますが、快適に使っています。

目次にもどる

 

 

細く書けて、インクの減りも少ない! 0.38mm+αメリット!

 

メリット1: 細かい書き込みが出来る+インクの減りが少ないこと。

 

通常、セットされているリフィルは0.5mm。スリムのリフィルは0.38mmです。

0.38に変更しているため、細かい書き込みに向くようになり、また、インクの内蔵量は変わらずにインクの出る量が少ないため、インクが長持ちします。しかし、反対にインクのかすれが出やすく、書き味が悪くなったと感じやすい点はデメリットとして覚えておくべき点といえます。

メリット2: カラーバリエーションがあること。

 

通常リフィルは、ノック部分の色と対応して、ブラック・レッド・ブルー・グリーンの4色展開です。

外せない定番カラーもいいのですが、0.38のスリムリフィルは、ブラック・レッド・ブルー・グリーンの他にも、ライトグリーン・アプリコットオレンジ・オレンジ・ピンク・ライトブルー・パープルの全部で10色展開になっています。自分が決めている色分けを出来るのは、手帳使いにも嬉しいと思います。しかし、ノック部の色が変えられない点をご注意ください。

目次にもどる

 

 

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!!

今回のココ↓掘れ、ざっくざく!!は、

替え芯を好みに合わせてチェンジ! 細いのが好みかも♪

です。

 

0.5ミリの時は便利なことを知りながら、あまり使わなくなっていました。

自分の好みにあう方法があることを知り、メリットを享受出来るようになりました。今は問題演習で使っているため、フリクションボール3ウッドの3色すべてを黒にしています。ドライヤーで消せるので、なくてはならない存在といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。