m800クラシックな佇まいをしたペリカンの特別生産品『スーベレンM800 バーントオレンジ』。

万年筆をはじめて手にして以来、フルハルターでペリカンの万年筆を買うコトを いつかいつかと夢見ていました。しかし、通常のラインナップには オレンジ色がなく、「コレが欲しい!!」と思える万年筆が登場するまでは じっくりと待ち続けていました。

そうして待っていたところ、ペリカンの限定生産品として『スーベレーンM800 バーントオレンジ (Burnt Orange)』が登場するというニュースが入りました。今回の記事では、念願だったフルハルターの訪問録と 入手した万年筆のコト(バーントオレンジ)を紹介します。

目次へ

記事の内容をざっくり紹介!

  1. 大井町にあるフルハルター、憧れていた場所を訪問。
  2. ペリカンの限定万年筆『スーベレンM800 バーントオレンジ』
  3. フルハルターで調整されたペン先は絶品!!
  4. まとめ: フルハルター(FULLHALTER)で「スーベレーンM800 バーントオレンジ」の購入を決めて満足♪

スポンサーリンク

大井町にあるフルハルター(FULLHALTER)。 憧れていた場所を訪問。

DSCF4456ドキドキ・ワクワクしながら「大井町のフルハルター」へ向かう。

 

DSCF4454DSCF4452訪れる日を ずっと楽しみにしていた万年筆屋さん「フルハルター」(FULLHALTER)。

万年筆のペン先 (ニブポイント)を 使う人の書き方・筆記角度に沿った「研ぎ出し調整」を執り行い、販売する形式のお店・フルハルター。このお店のことは 万年筆をはじめて手に取った当初 情報収集に勤しんでいたときに知り、それ以来憧れていました。

 

フルハルターのドアを開いて中に入ると、そこには机1つと椅子2脚。

他の文具店と比べれば、たしかに小さな一室。しかし、店主の森山さんから 説明を色々と聞きつつ、試し書き用の紙をはさんで 向き合って座る分には この空間で充分でした。(他のお客さんがいると、相席状態になります…)

 

そんなワケで「M800 バーントオレンジ」は 予約していたものの、フルハルターは初訪問。

森山さんに「モデルはお決まりですか?」と聞かれ、「M800 バーントオレンジ」を購入したいと思っているコト、字幅・文字の太さを「中字 (M)」にするか、「極太字 (BB)」にするか…で迷っている旨を伝えると、M (中字)とBB (極太字)の両方を試し書きさせてもらうことになりました。

まずは「中字 (M)」。「普段使いするなら、やっぱり、この太さかなぁ…」と考えながら、お次は「極太字 (BB)」。 紙に接した瞬間、「アァ、キモチイイ。快感。。。」と心はすぐさま移り…。

とろけるような筆記感の虜になり、他のお店にはない「極太字 (BB)」を選びました。
(そして、11月にできあがり、受け取ってきました。)

目次にもどる

 

ペリカンの限定万年筆『スーベレンM800 バーントオレンジ』

DSCF5673DSCF5675DSCF4631DSCF5674「バーントオレンジ (Burnt Orange)」は 縞仕様ではなく、落ち着いた焦橙色の単色。

慎ましさと艶やかさを両立したオレンジ色のボディ、ブラックではなくダークブラウンのキャップ & 尻軸との組み合わせが 上品な『M800 バーントオレンジ (Burnt Orange)』。

過去の限定品ではない「オレンジ」 × 「ペリカン(Pelikan)のスーベレーン」を熱望しており、その期待に応えてくれた品ですが、「ほんのり透ける橙縞」or「インク窓がある」だったら、より私のツボを刺激したなぁと妄想しています。

目次にもどる

 

フルハルターで調整されたペン先は絶品!!

DSCF4632DSCF5690DSCF5692DSCF5693「極太字 (BB)」は やはり太い。でも、イイ…。

はじめから手に合うように調整された 職人芸の万年筆。よく使ってきた歴戦の万年筆は 使う内に「書きやすくなったなぁ…」と実感しています。さてさて、今回仲間入りした「スーベレンM800 バーントオレンジ」、使い込むコトで ますます化けると思うと、楽しみでしょうがないです。

目次にもどる

 

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!!

今回のココ↓掘れ、ざっくざく!!は、

フルハルター(FULLHALTER)で「スーベレーンM800 バーントオレンジ」の購入を決めて満足♪

です。

 

ようやくフルハルターに行けました♪

万年筆を入手する場合、自分の優先度で高かったのは「オレンジ色」と「価格」でした。そのため、通販サイトをよく利用していたワケですが、最近は「人・お店」を強く意識するようになりました。

その意識の転換があったので、定価販売のフルハルターに ぜひ訪れたいと思っていたのですが、最も重要な「オレンジ色」の万年筆がなかったので 首を長くして待っていました。

すると、2015年8月に『M800 バーントオレンジ』の情報が…。コレを逃すと訪れる機会がしばらくなさそう…と思い、意を決して申し込み。結果としては、フルハルターで購入できたコトを嬉しく思っています。

 

そしてそして話題は変わって新しい特別生産品のM805はヴァイブラントブルー。今まで青軸には手を出してなかったのですが、あの鮮やかさには心が傾いています。。。