old-nagセーラー万年筆の定番モデル「プロフィット21」の軸に朱色の漆塗りが施されたモデル。

しっとりとした漆の感触、黒と洗い朱の組み合わせ。…などなど、この万年筆を入手する理由付け・お気に入りポイントがいくつも見つかる中で、購入への決定打となったのは パイロット社製のウェーバリー(WA)を彷彿とさせる 先端が反り上がった旧型のニブが付いていたコトでした。

目次へ

記事の内容をざっくり紹介!

  1. 「プロフィット21」(セーラー万年筆)の軸に 朱色の漆塗り!
  2. 首軸の先端には金の環っか、そして、旧型のニブには刻印が少ない。
  3. 研ぎ出されたペン先は反っていて、「ウェーバリー (WA)」の如く。
  4. まとめ: ちょっと変わった萬年筆を選んだ事で、漆の道へズブズブ。。。<

スポンサーリンク

「プロフィット21」(セーラー万年筆)の軸に 朱色の漆塗り!

DSCF5577DSCF5578DSCF5576DSCF5580黒い胴軸部分に朱色の漆が塗られて、和の雰囲気を存分に引き出す。

『漆塗りの万年筆』ということで 目がいくのは 朱色の漆が塗られた部分です。

ただ、保管時の状態で見てみると、漆が塗られているのは ボディの途中まで…、どこか中途半端にもみえます。しかし、いざ使うときには その理由が明白に。キャップを後ろに装着した際、漆を傷つけないギリギリの位置に設定されている、というワケです。

セーラー社製の漆塗り万年筆は キャップを後ろに挿すことを想定しているようで、このような仕様になっています。一方、中屋万年筆の漆塗り万年筆は キャップをつけない想定になっており、尻軸に至るまで漆が塗られています。
そこで気になるのは、パイロットの漆塗りフラッグシップ万年筆・カスタム845。たしか、ボディパーツの最後まで塗りが入っていたと思うので、キャップは普通つけないのか?? それとも、キャップの内側に工夫がしてあるのか??どうなんでしょう???

目次にもどる

 

首軸の先端には金の環っか、そして、旧型のニブには刻印が少ない。

DSCF5581DSCF5582現代の名工・長原宣義氏時代の残り香。 長原幸夫さんが診ている現行のペン先も大好きですが、昔のペン先は若干趣向が異なっており、とにかく珍しい。

目次にもどる

 

研ぎ出されたペン先は反っていて、「ウェーバリー (WA)」の如く。

DSCF5585DSCF5591DSCF5595DSCF5597「ウェーバリー (WA)」のようでもあり、「長刀研ぎ」のようでもあり…。

パイロットの説明書きには、WA (ウェーバリー)は ペン先を上向きにした軟らかめの中字、とある。

筆記角度を問わない滑らかな書き味という点においては WA (ウェーバリー)の血統をくんでいます。

ですが、長刀研ぎが 角度を滑らかに研ぎ出して仕上げたもので、変化に富んだ線が書けることを踏まえると、両方をしっかり満たしています…。「どっちに近いか?」と考えてみても、抜群に書きやすい旧型ペン先は 出色の出物だったコトに違いはありません。(ただ、やはり、長刀研ぎが濃いかな?)

目次にもどる

 

☆ココ↓掘れ、ざっくざく!!

今回のココ↓掘れ、ざっくざく!!は、

ちょっと変わった萬年筆を選んだ事で、漆の道へズブズブ。。。

です。

 

良き塩梅の品に巡り会えました。

この万年筆を購入したのは 5ヶ月ほど前の出来事でしたが、漆塗りの万年筆をはじめて手に取った事で「漆」が突如、気になって しょうがなくなりました。いずれは、漆!と漠然と思っていたところ、その魅力にかぶれてしまいましたとさ…。くわばら、くわばら。

ABOUTこのブログの運営者

鈴木元貴です、げんきです。このサイトの管理人。ステキな文房具をじっくり丁寧に掘り下げて紹介しています。 >>詳細プロフィールはこちら<< (1991年3月20日生まれ 静岡県沼津市出身、立川市在住)