TAG レザー・革製品

ロンド工房の一本用ペンケース「デュン ワンペンカバー (dünn one pen cover)」。本革製なのに薄い≡

ロンド工房の一本用ペンケース「デュン ワンペンカバー (dünn one pen cover)」を紹介。万年筆を そのまま筆箱に入れると傷がつきそうだけど、ケースに入れても嵩張る…。その間をワンペンカバーは射抜きました。薄さを求めつつも、革製なのでキズを守る程度の保護は可能です。

ふせんをつかうジョッター(ASHFORDのスピードジョッター)導入。出し入れ時の剥がれ対策も万全!≡

アシュフォードのスピードジョッターを紹介・レビュー。これはジョッターですが、つかうのは「付箋」です。出し入れの際、ふせんがはがれる恐れがあるので対策はしっかりと。上の両角にコーナーガードを備え、剥がれにくいようになっています。また、裏面には鉛筆がセットされ、すぐにメモできます。パッとメモをして、その後、母艦の手帳やノートなどに帰還させる。
すぐ書けるジョッターと移動させやすい付せんの相性は抜群です。

アシュフォードのシステム手帳生産30周年記念のトークショー・ASHFORD LOUNGE。『プレスコット』シリーズへのこだわりをきく≡

アシュフォードのシステム手帳発売30周年を記念したトークイベント「ASHFORD LOUNGE」に参加しました。アシュフォードが1980年代に手掛けたシステム手帳の初代モデル「プレスコット」の復刻版がお披露目となり、製品へのこだわりを聞きました。かなり物欲が刺激されました。

神戸派計画のロールペントレイ。「袱紗」のように優雅に広げて、たたんでペンを載せる≡

「神戸派 ロールペントレイ」(神戸派計画)を紹介・レビュー。ロールペントレイのメインは机上に置いて、たたんで ペンを載せるとペントレイになるコト。また、くるくると丸めることで ロールペンケースのように持ちやすくなります。「包む・飾る・護る・運ぶ」の4役をゆるやかにこなします。

相棒の万年筆(M320)に合わせて 堅牢なペンケース「グリマルディ300」(T.MBH)を所望。格好良さに酔いしれる!≡

大事にしたいお気に入りの万年筆用に誂えた極上の一本挿しペンケース、T.MBHのグリマルディ300を紹介・レビュー。非常に堅牢なつくりによる安心感、手磨きによって ひたすら磨き込まれて艶の出たコバ、木型を使って作られた絶妙な曲線。まさに、万年筆の鞘として最高の逸品といえます。

「懐菱」(T.MBH)はスタイリッシュなペンシース。愛用の万年筆を収める鞘を別注 + 完璧フィット!≡

革製ペンシース「懐菱」(T.MBH)の紹介。 革製品を薄くスタイリッシュに使って欲しいというコンセプトで生まれた懐菱。最高峰の牛革・クリスペルカーフを一見革を縫い合わせただけにも思えますが、丁寧かつ緻密な職人の手作業によって実現しました。価格の高さにも納得できるペンケースの逸品。