「GENKI」の記事

ペルナンブコの万年筆を スティロアートにて。いつか欲しいと思ってた木軸の万年筆≡

軸がペルナンブコのスティロアート製万年筆を紹介・レビュー。今までペルナンブーコの万年筆を所望していましたが、見てきた中でもオレンジ色の発色は特出。ちなみに、ペン先は パイロットのウェーバリー・WA(10号)を選択。ヌットリ書いていると非常に心地良く、クセが少ないので、中字を求めるならばオススメです。

「インキ染め・拭き漆」が施された スティロアート製の万年筆。美しき玉杢+煌めく色艶≡

木軸をインクで染め、拭き漆を施したスティロアート製の万年筆を紹介・レビュー。インクの色+漆のツヤによって、木の立体感ある美しさが強調されます。色もツボ、タモ玉杢の表情も好み。キャップとボディの木目がピッタリ揃うコトにも感激して、我が物にしたくなりました。

アシュフォードのシステム手帳『プレスコット』の復刻モデル。蘇った古き革の風合い≡

ASHFORD30周年を記念して、最初のモデル『プレスコット (PRESCOTTO)』が復刻。システム手帳に興味を抱き始めたとき、トークイベント『ASHFORD LOUNGE』を拝聴。多岐にこだわり、現代に甦らせた『プレスコット』への想いを聞いて入手。手に入れたのはジョッターのつく「コーチマンジャケット」ですが、大きいけれどスグに使える面があるので使いやすいです♪

銘木のコレクションペンケース・工房楔のコンプロット。取り合わせた万年筆を眺める贅沢≡

工房楔(せつ)の「Conplotto 10(コンプロット ディエーチ)」を紹介。貴重な木材の塊を刳り貫いて形作り、内装には革をつかったペンボックス(コレクションケース)。表面は、オイルを塗り重ね、木の質感をより活かしたオイル・フィニッシュ仕上げ。重厚なケースに収める万年筆を吟味して、眺めるのは楽しいひととき。

パーカーのフラッグシップクラスの万年筆・デュオフォールド ビッグレッド。クラシカルで高貴な往年の名作≡

パーカーの万年筆・デュオフォールド を紹介・レビュー。ビッグレッド(赤みがかったオレンジ)の復刻版は数ある中で、1990年代につくられたモデル(サイズはインターナショナル)を入手。パーカー伝統の色使い(オレンジ、ブラック、ゴールドトリム)は格調高く格好良い。